乱視の種類

乱視は大きく分けて2種類になります。

1)不正乱視
角膜の表面が凸凹になっているのを不正乱視と言います。

不正乱視の場合には、乱視矯正で使用される円柱レンズでは矯正することは出来ません。

したがって、コンタクトレンズでの矯正となります。

しかし完全な不正乱視はごく少なく、次項で説明する正乱視の要素も少しは持っているので、眼鏡で乱視矯正しても幾分か視力は向上します。

2)正乱視

角膜の曲がり具合が、一方向で最も強く(強主径線)、これに直行(90°方向)する方向が最も弱く(弱主径線)、両線の間がなだらかに変化しているものを、正乱視と言います。

乱視といえば、この正乱視を指し、乱視の殆どの人が正乱視です。

私もメガネで矯正していますので、おそらく正乱視でしょう。

正乱視強主径線の向きにより、「直乱視」、「倒乱視」、「斜乱視」の3種類に分類されます。


a.直乱視 正乱視強主径線が垂直方向のものを直乱視と言います。
正乱視の90%程度がこの、直乱視が占めます。
b.倒乱視 正乱視強主径線が水平方向のものを倒乱視といいます。
c.斜乱視 まれに強主径線が斜め方向の場合がありますが、これを斜乱視と言います。
posted by 零戸 at 22:51 | 乱視とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。