乱視用コンタクト

乱視用コンタクトは、球面度数と乱視度数の2つの度数を持っています。

乱視の場合は軸角度というものが存在しているため、少しずれただけでも全然見えなくなってしまうといったことも起こります。

乱視用コンタクトは、使用環境によって状態が全然変わってきてしまうことがあります。

したがって眼科の診察を受けて、乱視用コンタクトの見え方のチェックを行う事が必要です。

また、1ヶ月程度使用した際に、使用感・見え方を再度チェックして、駄目だったら再度眼科での診察を受ける事をお勧めします。
posted by 零戸 at 22:58 | 乱視矯正について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。