レーシックで乱視を矯正

レーシック(LASIK)は、レーザーで近視・遠視・乱視を矯正する治療のことです。

メガネ・コンタクトに代わる第三の視力矯正方法とも呼ばれています。

フルスペルで書くとこうなります。
Laser In-situ Keratomileusis

既に全世界では数百万人の人が視力回復に成功している手術です。

ちなみに、健康保険適用外なので、費用は自己負担となります。

しかしながら、日本でもレーシック手術を受ける人は年々増加しているそうです。

年間4万件を越え、医師の経験値もかなり向上し、レーシックの安全性も信頼に足りうるレベルになっているそうです。
posted by 零戸 at 01:59 | 乱視矯正について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。