コンタクトの乱視用について

乱視用コンタクトレンズには、以下の2つの度数がレンズに入っています。
 ・球面度数
 ・乱視度数

近視用と遠視用のコンタクトレンズは単焦点レンズのため、目の中でクルクルと回転しても視力には関係ありません。

ところが乱視用コンタクトレンズは、乱視の軸の方向が目の乱視の軸の方向と一致しなければ視力矯正はできません。

そのため乱視用コンタクトレンズは、目の中で回転しないように特定の部分がいつも下に来るように設計されています。

度数を正確に把握していないと効果がでませんので、必ず専門の眼科医の指導のもとでお使いください。
posted by 零戸 at 17:51 | 乱視矯正について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。