乱視とレーシック

乱視の原因は、角膜のカーブの度合いが、横方向と縦方向で異なる事によります。

横方向と縦方向とで屈折力に差が生じ、眼底にはっきりとした像を結ぶことができないのです。

乱視を治すには、角膜のカーブを横方向と縦方向に揃えればいいんじゃねーか、と思いますよね。

理屈はわかっても、角膜のカーブをかえるなんて事は、不可能に近いですよね。

しかし現在はレーシック手術により、角膜のカーブをかえて、視力を回復させる事ができる様になりました。

レーシックは横文字で、
(LASIK:Laser Assisted in-situ Keratomileusis)
と書きます。

直訳すると、「角膜の層間にレーザーを照射して組織を薄く切除する」という意味になります。

医療用レーザーの一つであるエキシマレーザーを使用して行います。

これまでの視力矯正手術に比べ、痛みが少なく、優れた矯正効果が得られます。

エキシマレーザーの装置が高いのと、デリケートな作業を要求されるため、レーシック手術を行っている眼科医院は、限られているのが現状です。

また、健康保険の適用外となっているため、費用が高額となります。
posted by 零戸 at 23:06 | 乱視治療について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。