レーシック手術後の視力は?

よく「驚異の手術」、「裸眼視力1.5!」と謳った、レーシックの広告やパンフレット、書籍などを見ます。

しかしながら、レーシックは決して完璧な手術ではないため、限界があります。

レーシックで回復できる視力の目安は、あなたに合ったメガネやコンタクトレンズを掛けた時に見える視力、と言われています。

正確には、事前検査を受けることで、どの程度の視力回復が見込まれるかを調べることができます。

これまでレーシックを受けた人の視力回復データを見ると、大半の人が1.0以上の視力を取り戻しています。

しかし個人差というものがありますので、視力が0.8や0.9の回復に止まる人もいます

あるいは、手術後には1.0まで回復していた視力が低下して、1年後には0.8の視力に落ち着いてしまうこともあるそうです。
posted by 零戸 at 23:09 | 乱視治療について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。