レーシック手術の事前検査

レーシックはとても繊細な手術です。

手術を行う前に、当然の事ながら目の状態を知る必要性があります。

そこで事前に正確な検査を行います。

検査の項目は以下のとおりです。

1.屈折力検査
2.視力検査
3.眼圧検査
4.角膜厚検査
5.角膜形状検査
6.前眼部検査
7.眼底検査
posted by 零戸 at 23:10 | 乱視治療について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。