レーシックで使われるエキシマレーザーって?

レーシック手術ではエキシマレーザーが使われます。

エキシマとは、人の名前じゃありません(笑。

横文字で書くと、Excimerとなります。

Excited dimerという言葉から生まれた造語だそうです。

アルゴンとフッ素ガスを反応させた時に出る紫外光をもとにして作られたレーザーを、エキシマレーザーというそうです。

もともとは1976年に米国IBM社によって開発され、当初は半導体の基盤加工などに応用されていました。

1983年にこの高い精度を生体に応用できないか、ということで動物実験が行われ、角膜に熱による変性を一切起こすことなく切削できるということが確認されました。

そして1985年から人の乱視や近視の矯正手術に用いられるようになったのです。

エキシマレーザーがもつ高い光エネルギーによって、角膜組織の分子の結合を切り離し、ガスに分解してしまいます。

エキシマレーザーの波長は角膜組織でほぼ吸収されてしまいます。

したがって、角膜を通過する事はなく、その下にある水晶体などには届きません。
posted by 零戸 at 23:14 | 乱視治療について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。