乱視のメガネ

乱視矯正の方法としてメガネをかける事があげられます。

私も乱視ですが、メガネをかけています。

乱視といっても、いろいろな種類があります。
 単性乱視 :タテ・ヨコどちらかの焦線が1本は正しく網膜上に結ぶ場合
 複性乱視 :2本共網膜上に結ばない場合
 近視性乱視:近視でかつ乱視の場合
 遠視性乱視:遠視でかつ乱視の場合
 混合性乱視:1本の焦線は網膜の手前で結び、もう1本は網膜の後方で結ばれてしまう場

私の場合は「近視性乱視」になると思います(たぶん)。

私はメガネ屋じゃないのでレンズの事はよくわかりません。

メガネ屋さんのサイトを見たら、こんな事が書かれていました。

 近視性乱視:凹レンズを使用
       タテ方向にプラス1、ヨコ方向にプラス2の見え方をしていた場合
            ↓ 
       タテ方向にマイナス1、ヨコ方向にマイナス2の凹レンズを使う

 遠視性乱視:凸レンズを使用
       タテ方向にプラス1、ヨコ方向にプラス2の見え方をしていた場合
            ↓ 
       タテ方向にマイナス1、ヨコ方向にマイナス2の凸レンズを使う

 混合性乱視:凹と凸の両方の力を持っているレンズ(ミックスレンズ)を使う
posted by 零戸 at 01:45 | 乱視矯正について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。