近視と乱視

近視乱視について調べてしました。

目の仕組みは眼球に入ってきた光は角膜と水晶体という2つのレンズで屈折して、網膜上に像を結ぶ様になっています。

正常な目の場合は、全ての光が網膜上の1点に集光されてクリアを像を見ることができます。

視の場合は、集光されたところが網膜よりも前になっています。

したがって、クリアな像は見えません。

乱視の場合は、角膜自体の形がゆがんでいるいるため、光の焦点が定まりません。

そのため像を結べず、ぼやけて見えてしまいます。

乱視近視と組み合わさると、近視性乱視となります

もっとも乱視があっても、近視が組み合わさっていない場合は、視力矯正しなくても問題は無いそうです。
posted by 零戸 at 22:00 | 乱視とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。