乱視の原因

乱視になる原因には以下のものがあります。

眼科疾患(円錐角膜・角膜炎)

「円錐角膜」「角膜炎」などの病気になると、乱視の原因となることがあります。
角膜の表面が不規則にゆがむ不正乱視となってしまうことがあるそうです。
この場合はコンタクトレンズによる矯正をします。
重度の場合は、角膜移植の手術が必要になることもあります。

■さかさまつげ

さかさまつげは、角膜に傷をつける危険性があります。
角膜に傷がつくと、角膜炎などの眼科疾患をまねくことがあります。
眼科医院での相談が必要となります。


■先天的な乱視
先天的に以下の原因で、乱視となることがあります。
 ・遺伝によるもの
 ・母親の胎内にいるときの状態
 ・出産時の対処による場合

乱視は誰にでも少しはあるそうです。
普段の眼の使い方でさらに悪化しがちなことが多いそうです。
たとえばこんな習慣があると悪化の原因になるそうです。

 日中パソコン作業などで目を酷使する
   ↓
 夕方になって眼のかすみが気になる
   ↓
 無理にディスプレイ画面などを見ようとして目を細める
posted by 零戸 at 17:58 | 乱視とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。