乱視の原因

乱視になる原因には以下のものがあります。

眼科疾患(円錐角膜・角膜炎)

「円錐角膜」「角膜炎」などの病気になると、乱視の原因となることがあります。
角膜の表面が不規則にゆがむ不正乱視となってしまうことがあるそうです。
この場合はコンタクトレンズによる矯正をします。
重度の場合は、角膜移植の手術が必要になることもあります。

■さかさまつげ

さかさまつげは、角膜に傷をつける危険性があります。
角膜に傷がつくと、角膜炎などの眼科疾患をまねくことがあります。
眼科医院での相談が必要となります。


■先天的な乱視
先天的に以下の原因で、乱視となることがあります。
 ・遺伝によるもの
 ・母親の胎内にいるときの状態
 ・出産時の対処による場合

乱視は誰にでも少しはあるそうです。
普段の眼の使い方でさらに悪化しがちなことが多いそうです。
たとえばこんな習慣があると悪化の原因になるそうです。

 日中パソコン作業などで目を酷使する
   ↓
 夕方になって眼のかすみが気になる
   ↓
 無理にディスプレイ画面などを見ようとして目を細める
posted by 零戸 at 17:58 | 乱視とは?

乱視のチェックってどうやるの?

乱視は放射線のイラスト「乱視表」を見ることによりチェックできます。

「乱視表」の放物線は全て同じ太さで書かれています。

しかし、乱視が入っていた場合は、方向により以下の様に見えることがあります。
 ・線が太く見える
 ・線が細く見える
 ・線が濃く見える
 ・線がかすんで見える

乱視の場合は、なぜこの様に見えてしまうのかといいますと、角膜がゆがんでしまっていることが原因となっています。

角膜は丸い形をしていれば、網膜で正確に像を結ぶことができます。

しかしながら、人間の眼は個人差があるために、角膜の形状も左右上下対象ではなく、ラグビーボールのようにゆがんでいる場合があります。

乱視の場合、角膜のゆがみにより、網膜上で正常な像を結ぶことができず、視界がぼけてしまうのです。
posted by 零戸 at 17:52 | 乱視とは?

近視と乱視

近視乱視について調べてしました。

目の仕組みは眼球に入ってきた光は角膜と水晶体という2つのレンズで屈折して、網膜上に像を結ぶ様になっています。

正常な目の場合は、全ての光が網膜上の1点に集光されてクリアを像を見ることができます。

視の場合は、集光されたところが網膜よりも前になっています。

したがって、クリアな像は見えません。

乱視の場合は、角膜自体の形がゆがんでいるいるため、光の焦点が定まりません。

そのため像を結べず、ぼやけて見えてしまいます。

乱視近視と組み合わさると、近視性乱視となります

もっとも乱視があっても、近視が組み合わさっていない場合は、視力矯正しなくても問題は無いそうです。
posted by 零戸 at 22:00 | 乱視とは?

乱視チェック

乱視チェックは放射線のイラスト「乱視表」を見ることで行います。

乱視表を書きたいとこですが、絵を書くのが下手なので、他のサイトをご覧ください。
f(^^;) ポリポリ

乱視表は、全ての線の太さが同じに書かれているのですが、乱視があった場合は均等に見えません。

横の線の方が、縦の線より濃く見えた場合は「直乱視」です。

縦の線の方が、横の線より濃く見えた場合は「倒乱視」です。

乱視の場合は、疲れ目の原因になっている可能性があります。
posted by 零戸 at 22:00 | 乱視とは?

乱視の視力回復について

乱視視力回復について調べてみました。

視力トレーニングにより視力回復ができるそうです。

もっとも個人差がありますけど。。

乱視で悩んでいる人は、近視か遠視と併合しているケースが、ほとんどの様です。

私も乱視で悩んでいますが、近視と併合しています。

乱視の原因は角膜、水晶体にあるため、視力トレーニングでは治せません。

しかし、近視・遠視が強くなると、乱視がより顕著にでてくるらしいです。

そのため、近視・遠視を視力トレーニングで克服すれば、乱視は自然と気にならなくなるそうです
posted by 零戸 at 01:04 | 乱視とは?

子供も乱視になる

子供乱視になる事があります。

乱視がある場合には、メガネで矯正してあげる必要があります。

しかし子供の場合は、からかわれる事があるので、メガネをかけさせない親御さんがいますが、メガネをしないことにより将来は弱視になってしまう可能性があります。

子供乱視とか聞いてもわかりませんので、親御さんが注意して見てあげる必要性があります。

以下の何れかの症状に気づいたら、眼科等で検査してあげる事をお勧めします。
 ・テレビや本を近くで見る。
 ・顔をしかめたり、目を細めたりする。
 ・本をいやがって読まない。何をしてもあきっぽい性格。
 ・行を飛ばしたり、間違った字を書いたりする。
 ・内斜視になることがある。
 ・親や兄弟に強い屈折異常の人がいる。
posted by 零戸 at 22:32 | 乱視とは?

乱視の軸度とは?

乱視の話でよく「軸度」という言葉が出てきます。

乱視の軸度は90度(垂直)とか、180度(水平)とかいった具合にですね。

軸度に関しては、ボールに例えるとわかりやすいそうです。

近視や遠視をボールに例えると、「テニスボール」など丸の状態になります。

一方、乱視をボールに例えた場合は、「ラグビーボール」の楕円形になります。

この楕円形の長い部分が「軸」となります。

この軸の角度の値が「軸度」となります。
posted by 零戸 at 22:32 | 乱視とは?

乱視検査について

乱視検査には、放射状に伸びた直線を書いた図がよく使われます。

どの線も同じ太さ、濃度で書かれていますが、乱視がある場合は、濃淡や太さが同じには見えないです。

私も乱視があるので、同じ太さに見えません。

他には4方向の縞模様を使って、角膜の形状を縦、横、斜め(45°90°135°180°)の4方向から検査する表もあります。

角膜のユガミが縞の濃淡によって表されるそうです。

乱視があるので当然の事ながら、この表も同じ太さに見えませんでした。

乱視矯正をやりなおさないと、駄目かもです。
(^_^;)
posted by 零戸 at 19:34 | 乱視とは?

遠視性乱視

遠視性乱視について調べてみました。

遠視性乱視にも色々種類があるようです。

無調節の状態で無限遠からくる平行光線の、結像位置により分類されているそうです。

1.視性単性倒乱視
 ・水平方向は網膜に結像する
 ・垂直方向は網膜の後に結像する

2.視性単性倒乱視
 ・水平方向は網膜に結像する
 ・垂直方向は網膜の後に結像する

3.遠視性単性直乱視
 ・水平方向は網膜の後に結像する
 ・垂直方向は網膜に結像する

4.遠視性複性倒乱
 ・水平方向は網膜の少し後に結像する
 ・垂直方向は水平方向よりも後に結像する
posted by 零戸 at 22:32 | 乱視とは?

不正乱視について

不正乱視とは、角膜の表面が凸凹になっている事を言います。

不正乱視の場合には、乱視矯正で使用される円柱レンズでは矯正することは出来ません。

したがって、コンタクトレンズでの矯正となります。

原因としては円錐(えんすい)角膜、翼状片(よくじょうへん)などによる角膜の非対称的な歪みや、外傷による水晶体の亜脱臼(あだっきゅう)、加齢性変化による白内障(はくないしょう)、まれに円錐水晶体などの水晶体疾患などで生じます。

しかし完全な不正乱視はごく少なく、正乱視の要素も少しは持っているので、眼鏡で乱視矯正しても幾分か視力は向上します。
posted by 零戸 at 16:35 | 乱視とは?

乱視度数について

乱視度数は別名を円柱度数といい、"CYL"で表されます。

乱視度数は、矯正するのに必要なレンズ度数を用いて ディオプター(D)という単位で表します。

 乱視度数(CYL) 0〜±10D

数値が大きくなるほど強い乱視を表します。

乱視度数を測定するには、屈折検査を行います。

屈折検査は、“オートレフラクトメータ”と呼ばれる装置を使って行われます。

メガネやコンタクトレンズを購入する場合、乱視度数を測るために販売店にて屈折検査を行います。
posted by 零戸 at 22:44 | 乱視とは?

乱視の種類

乱視は大きく分けて2種類になります。

1)不正乱視
角膜の表面が凸凹になっているのを不正乱視と言います。

不正乱視の場合には、乱視矯正で使用される円柱レンズでは矯正することは出来ません。

したがって、コンタクトレンズでの矯正となります。

しかし完全な不正乱視はごく少なく、次項で説明する正乱視の要素も少しは持っているので、眼鏡で乱視矯正しても幾分か視力は向上します。

2)正乱視

角膜の曲がり具合が、一方向で最も強く(強主径線)、これに直行(90°方向)する方向が最も弱く(弱主径線)、両線の間がなだらかに変化しているものを、正乱視と言います。

乱視といえば、この正乱視を指し、乱視の殆どの人が正乱視です。

私もメガネで矯正していますので、おそらく正乱視でしょう。

正乱視強主径線の向きにより、「直乱視」、「倒乱視」、「斜乱視」の3種類に分類されます。


a.直乱視 正乱視強主径線が垂直方向のものを直乱視と言います。
正乱視の90%程度がこの、直乱視が占めます。
b.倒乱視 正乱視強主径線が水平方向のものを倒乱視といいます。
c.斜乱視 まれに強主径線が斜め方向の場合がありますが、これを斜乱視と言います。
posted by 零戸 at 22:51 | 乱視とは?

乱視って何?

乱視ってよく聞きますよねー。

実は私も乱視です。

「じゃ、説明しろ」といわれてもできません。

てな訳で調べてみました。

乱視でない人の、角膜は横方向も縦方向もほぼ同じカーブをしています。

しかし乱視の人では、角膜のカーブの度合いが歪んで、横方向と縦方向で異なっています。

そのために横方向と縦方向とで屈折力に差が生じ、眼底にはっきりとした像を結ぶことができなくなります。

視力検査表の下の方に、直線がたて、横、斜めに交わって書かれている部分がありますが、あれは乱視チェック用にかかれています。

本当はどの線も同じ太さで書かれているのですが、乱視だと以下の様に見えます。
 ・太さが同じ太さに見えない
 ・線が歪んで見える
posted by 零戸 at 22:46 | 乱視とは?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。